[美容画像板] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
新着記事: 1:硝酸銀入りヘアクリ−ム(7)  2:無題(3)  3:コンテンツ削除(0)  4:当分閉鎖(0)  5:ご無沙汰しております(1)  6:どなたか相談に乗ってください。(2)  7:冷凍餃子(1)  8:今年も(1)  9:くせ毛直しブラシ(2)  10:エアウェーブ(3)  11:毛髪の捻転(2)  12:お願い(0)  13:レモンマートルの石鹸(2)  14:リペイド(3)  15:無題(3)  16:無題(6)  17:リコール(1)  18:エラスチン(2)  19:はじめまして(3)  20:縮毛矯正(1) 



このサイトで使われている「顔ANI」
meruの制作者はMokku様です。
URLはココ!
お名前
キーワード ※投稿用キーワードを入力してください
Eメール
タイトル
メッセージ
URL
イメージ   [イメージ参照]
文字色
暗証キー (英数字で8文字以内)   

ご無沙汰いたしました 投稿者:CHACO - 2006/08/09(Wed) 14:35 No.667    引用する 
aka.gif お久しぶりです。
一昨日Yahoo!で見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060808-00000013-fsi-ind

どの程度持続するのでしょうねぇ〜

RE:ご無沙汰いたしました 投稿者:seasons_PaPa - 2006/08/10(Thu) 12:13 No.669   HomePage  引用する 

aka.gif 毎度、情報ありがとうございます。

CMCとは、また懐かしいコトバですね。意味が曖昧になるので長いこと使っていませんでした。

ダメージのメカニズムはともかくとして、エーテル系化合物とのことなので、浸透は良さそうな気がします。その分、流出も早そうですが。「ポリオール誘導体」自体の組成式が書いてないので何とも言えないです。
「ゴワつき」「まとまらない」よりも「パサツキ」を無くした方が分かりやすいのでは?
でも、日本人は『なんとなく新しいコトバ』に敏感だから反応はありそうですね。

製品を入手して成分を確認してみたいです。

ヘアカラーワックスのぬりかた 投稿者:よっすぃ〜 - 2006/08/09(Wed) 02:03 No.666    引用する 
aka.gif ってどうするんですか?説明書どうりやってもぜんぜんうまくいきません。知ってる人いたら教えてください。使っているのは、ギャツビーポイントカラーワックスです。

RE:ヘアカラーワックスのぬりかた 投稿者:seasons_PaPa - 2006/08/10(Thu) 12:00 No.668   HomePage  引用する 

aka.gif 申し訳ないですが、σ(・_・)では役に立てそうにありません。モノが手元にあれば何とかなるとは思うのですが。
サイト確認したところ、顔料系のようなので、ドライヘアに力を入れずに均一に塗ることでしょうか?
乾いてから、再度重ね塗りしてみるのも手かもしれません。

厚生労働省からお達し! 投稿者:ソウサ - 2006/07/29(Sat) 18:18 No.663    引用する 
aka.gif 新聞に小さく記載されていますが・・・・・
とある商品
健康に良いからと、何にでも手を出すのも如何なものか!かも知れませんネ。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/07/h0728-4.html

さてさて、お詫びのコメントが出るか、
それとも!密かに自主回収だけで済ますか・・・・・

アロエベラで・・・ 投稿者:seasons_PaPa - 2006/07/29(Sat) 23:26 No.665   HomePage  引用する 

aka.gif いつも情報ありがとうございます。

安息香酸+アスコルビン酸からベンゼンとは・・・。清涼飲料などでもこの組み合わせはごく普通なので、ちょっとビックリです。まぁベンゼンだし、濃度も考えると今すぐにどうのこうのは無いでしょうが、1製品だけ異様に数値が高いのはマズイですよね。メーカーがどういう対応をするのか楽しみです。今のところ、まだ発表はないですね。
飲んでいる人は『体に良い』と思って飲んでいるはずなので、お気の毒です。

厚生労働省も『仕事してるジャン』と思ったら、出だしはあちらのデータなのですね。輸入物も国内物も『変な製品』て多いですから、もうちょっとがんばって仕事して欲しいなぁ、と思います。

驚異のシャンプー 投稿者:seasons_PaPa - 2006/07/26(Wed) 11:58 No.661    引用する 
aka.gif ナントカいうところから立派な封筒が送られてきた。普通はそのままごみ箱行きなんだけど、封筒になんの宣伝も記載されていなかったので、つい開いてしまった。中味はシャンプーなどの宣伝パンフ。

・曰く『白髪を目立たせなくし発毛効果のある実力派シャンプー』『シャンプーで髪は生える』(原文のまま)。などなど・・・。引き合いにどこぞのメーカーの成分表を載せて、『アレルギーや肌荒れ・発疹・発ガン性が疑われる強い成分(これまで“表示指定成分”であったもの)は一切使用してません』・・・。旧指定成分があたかも悪者であるかのように書いていて、自社の成分表は一切載せていないという矛盾。

・『発ガン性が疑われるシリコン剤』=シリコンとシリコーンの区別もついて無いし、発ガン性なんて言ってしまって大丈夫?

・『特殊構造の水とミネラルの作用で活性酸素の発生を抑える』=私はH2O以外の構造を持つ水は知らない。

・『髪は赤血球とメラニンが酵素の働きで生化学反応を起こして生えてきます』=髪の原料って赤血球とメラニンだったとは・・・。


新しい学説がズンズン出てきて、ちょっと頭痛が・・・。気を取り直してHPを見てみた。(以下、HPより引用)

・『中性で洗浄力の強い、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩やラウリル硫酸トリエタノールアミンは、市販のシャンプーにもっともよく使われる合成界面活性剤です。妊娠中のマウスに流産をおこすことがわかっています。妊娠直後(2〜3日)にシャンプーをマウスの皮膚に塗っただけで、受精卵が確実にくずれて死ぬことが報告されています。しかも、界面活性剤の濃度が2%を超えると異常が増え、10%では受精卵の死亡率が40%、20%では死亡率が80%にもなるのです。』=スゲ〜〜、ってソースはどこから?初耳!LD50のテストではこんなデータは無いし。

・『また、シャンプー剤を原液のままラットの背中に塗ったところ、皮膚がはがれ、腹部から出血して死亡したり、毛がごっそりと抜け、再生しなかったという実験結果も報告されています。さらに、界面活性剤入りシャンプーは、分解されにくいため川や湖を汚すという問題もあります。メダカの一種タップミーの眼球とエラに致命的な 障害を与えることも報告されています。』=これもスッゲ〜〜。何処が実験したんだろ・・・_| ̄|○

・『「薬用」という製品も多いのですが、薬効成分の配合割合が明確でなく、「医薬部外品」も全成分表示を逃れるための裏技、との指摘もあり、どちらも不安が残ります。』=医薬品・医薬部外品の認可は化粧品と比べものにならないほど大変なんですけど・・・。本来、化粧品は何らかの効果を<出せない>ものであって、そのために分類があるんだけど・・・。指定成分=悪の理論だとこういう解釈が出来るのかも?

そのほか、ビタミンE(酢酸-dl-α-トコフェロール)は皮膚障害を起こすなんて言う記載もあるし。
トドメが、この会社の『製品の全成分については、お問い合わせください。』


ココまで来ると、どうコメントしてイイものやら・・・。_| ̄|○

RE:驚異のシャンプー 投稿者:ソウサ - 2006/07/27(Thu) 18:48 No.662    引用する 

aka.gif 御無沙汰しております。

いやあ、参りましたね〜〜!
コメントのしようがない!てな商品ですね。
50年前の位?に問題視された成分もありますが、今となっては安全性ではクリアーされてますもんね。
本当に、自信がある商品なら全成分を表記しなきゃ!。

このメーカーさんのコメントが『本当』なら、日本人の大半はやばいシャンプー(高級アルコール系)を使用してる事になりますね。
そんなにやばいシャンプーが普通に販売されてるなら、いくら対応の遅い日本でも製造禁止になっているのですが・・・・・

まだ、こっちの方がかわいいかな。
処方的には、悪くはないと思います(導入する気はないですが)が、謳い文句がねえ〜〜〜

○○シャンプー&トリートメントは天然成分100%で作られていますので使用後は必ずキャップを閉じて保管して下さい。
『ノーコーティング剤』=オイオイ、しっかりちゃっかり配合してるじゃん
『天然100%』=天然系素材をメインに使用していますならOKでしょうが、石油系も配合されてるし。
まあ、石油系も元をただせば、天然系にはなると思いますが、ナンダカナ・・・・・
ここもやっぱり石油系『悪』天然系・自然派『安全』を強調したいのでしょうネ。
『地下深層水』=井戸水をどこまで掘ったら深層水!?
全成分を表記して墓穴ほっちゃった〜〜!てな代物ですが、消費者にとっては全成分を表記してるのは良い事ですね。

○○シャンプー
水、ラウロイルメチルアラニンNa、デシルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ココイル加水分解コラーゲンK、塩化ヒドロキシプルトリモニウムデンプン、PCA、イソステアリン酸PEG-40水素ヒマシ油、ペンチレングリコール、オレイン酸グリセリン、ベタイン、渇藻エキス、ヒアルロン酸Na、ジステアリン酸PEG-150、ポリクオタニウム-10、ステアリルトリモニウムサッサリン、イソステアラミドDEA、クエン酸、香料

○○トリートメント
水、ベヘニルアルコール、ジコイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルファート、ステアリルトリモニウムサッカリン、ペンチレングリコール、シクロメチコン、ステアリン酸グリセリル、ミネラルオイル、
ステアリトリモニウムプロミド、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、オクチルドデカノール、渇藻エキス、紅藻エキス、ベタイン、ヒアルロン酸Na、クエン酸、ステアラミドDEA、コカミドMEA、ジメチコン、香料

やはり、全成分で今ンとこ納得できるのは、あんだんてしかない今日この頃・・・・・・

まいどです! 投稿者:seasons_PaPa - 2006/07/29(Sat) 23:13 No.664    引用する 

aka.gif ソウサさん、いつもありがとうございます。

確かにこっちの方が全然カワイイですよね。宣伝文句を正しく変えて、適正価格にすれば『マァマァいけるじゃん』ってレベルになりますね。

それにしても、化粧品・頭髪化粧品・健康食品・健康器具ってウマくやると、ほんとうに儲かりそうですよね。販売停止措置をとられるまでにがっぽり儲かりそう・・・。まぁ、コトバは悪いですが『騙される方が悪い』という考えが根底に見え隠れしている商品が多いこと多いこと・・・。

ところで、『中村堂ゼラチンパウダー』、ウチの嫁さんとスタッフが飲み始めました。個人的にはこれで「シワが少なくなる」ことは無いと言い切ってますが、中村堂自体は「〜に効く」ということは一切言ってないし、理論的に破綻がないのでOKしています。販売価格に多少問題があるのと、取扱い販売者が言いたいことを言っているのが気にくわないのですが・・・。製品としてのコラーゲンの中ではイイ感じですね。

混ぜちゃいました 投稿者:T-MAC - 2006/06/25(Sun) 20:58 No.652    引用する 
aka.gif 最近ウチの店であったことなのですが、パーマの二剤ブロムと過水を混ぜて使ったそうなんです。曰わく『両方とも酸化剤だから大丈夫』との事です。活性されるpH域も違うし保存のpH域も違うので、混ぜちゃいけないとは思うのですが、実際どのような弊害が出るんでしょうか?酸化不足か過酸化で、髪にはどちらにしろ良くないのはイメージつくのですが、お時間がとれましたら教えて下さい。お願いします

RE:混ぜちゃいました 投稿者:seasons_PaPa - 2006/06/27(Tue) 13:54 No.653   HomePage  引用する 

aka.gif T-MACさん、こんにちは。
「酸化がしっかり出来そう」という理由で、ブロムと過水を混ぜて使う人は結構いるようです。一度目は過水、二度目はブロムという方法も聞きますね。
1剤の特性(還元剤の種類と濃度・アルカリ剤の種類とアルカリ度)と2剤の特性(濃度・比重・pH・酸度)によっては、結果が期待できるでしょうね。特別大きな弊害はないと思います。問題は、『何のために混合が必要か?』でしょう。
注意点は、システイン酸が生成されないようにされないようにすることでしょう。

PaPaさん 投稿者:T-MAC - 2006/06/27(Tue) 16:18 No.654    引用する 

aka.gif ありがとうございます。混ぜても大丈夫なんですね。矯正のクリーム状の薬でも同じですよね?『大丈夫なんだろうか〜』という疑問が晴れました。ホントにいつもありがとうございます!

RE:混ぜちゃいました 投稿者:banao - 2006/07/03(Mon) 15:56 No.655    引用する 

aka.gif 毎度、こんにちは・・・ご無沙汰かな〜
結構、この質問多いですね、でも個人的には、ブロムと過酸化の両方の濃度が薄まるので、2剤としての効果は、効きますが、何の為に、その必要があるかは、疑問です。特にクリーム状の2剤の場合、ビスが強いと、2剤の反応は、(特に浸透の問題)かなり悪くなると思います、
 液体は、浸透しますが、クリームは、あまり効かないと思います。
メーカーは、安定した状態で、作るので、液体とクリーム状の界面活性剤が合わないと、目には、見えませんが、ブツブツができ、感触が悪しなるかもしれません。気お付け使用した方が良いと思います。

banaoさん 投稿者:T-MAC - 2006/07/06(Thu) 22:18 No.656    引用する 

aka.gif ありがとうございます!ウチのサロンであった件に関しては『過水で酸化処理しようと思ったけど、足りなくなりそうだからブロムを混ぜちゃった』らしいです。仕上がりの違いがでてしまうものの、なるべく酸化をしっかり、と考えるならどちらか在庫がしっかりある方でやった方がいいんじゃないかと思っちゃいました。まあ、在庫管理をしっかりしてなかった僕にも責任はあります。
ちなみにに、お答えの中で『ビスが強いと』とありますが、その『ビス』ってなんですか?勉強不足で申し訳ないですが、教えて下さい。


RE:混ぜちゃいました 投稿者:banao - 2006/07/07(Fri) 08:49 No.657    引用する 

aka.gif こんにちは、説明不足でごめなんさい。ビスとは、粘性の事で、ビスが強いといことは、かなり粘性があるという意味です。

RE:混ぜちゃいました 投稿者:seasons_PaPa - 2006/07/08(Sat) 21:21 No.658   HomePage  引用する 

aka.gif クリーム状2剤の件があったのですね。
クリーム状のものはストレート用とお考えいただいた方が良いかと!

薬剤不足の際は、ブロムと加水を混合するより、1度目が加水(酸リンスを混合しておくのも良い)で2度目がブロム、というパターンがよいのではないでしょうか。1剤がアルカリの場合ですが。
毛髪の状態によっては水で薄めるなどして回数と時間で酸化した方がシステイン酸の生成は抑えられます。

banaoさん、PaPaさん 投稿者:T-MAC - 2006/07/13(Thu) 00:11 No.660    引用する 

aka.gif お答えありがとうございますm(_ _)m
ストレートの薬の粘度は操作性だけでセッティングされてるのではなかったんですね〜。勉強になりました!
二剤の一回目過水で二回目ブロムのやり方、やってみてます!水で薄めるのはやってませんが、システイン酸の生成によるダメージは防ぎたいです。薄めて回数付けてって感じでやってみます。色々ありがとうございました!また分からない事あったら質問に参ります。

四択問題 投稿者: - 2006/05/26(Fri) 21:17 No.644   HomePage  引用する 
aka.gif 四択問題に挑戦し、解答ページのパスワード請求メールをくださったmiyagi.ocnの「りゅうじ」さん。メールアドレスが入っていませんでした。
お店のサイトURL(?)は入っていたのですが、お店にメールを送ってイイかどうかわからなかったのでこちらに書きました。

RE:四択問題 投稿者:seasons_PaPa - 2006/06/01(Thu) 17:13 No.645   HomePage  引用する 

aka.gif その後、「りゅうじ」さんからメルアドの連絡がないのですが、パスワードはよろしいんでしょうか?

コンテンツコピー 投稿者: - 2006/05/24(Wed) 21:24 No.643   HomePage  引用する 
aka.gif http://www.mrhair.com.tw/SACHIKO.htm
こんなの見つけました・・・。_| ̄|○
文句言おうかどうしようか・・・。

化粧品 中身の真相 投稿者: - 2006/05/10(Wed) 22:49 No.642   HomePage  引用する 
aka.gif  ブログにも書きましたが、コスメ瑠璃香さんの化粧品屋の独り言が本になりました。一般の方よりもエステ関係・化粧品関係の方だけでなく、理・美容方々にも是非読んで欲しい本です。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search/250-1198487-5882669?mode=books-jp&keyword=%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%81%AE%E4%B8%AD%E8%BA%AB%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8

 内容もわかりやすく(化学苦手な人にはちょっと難しいかも?)書かれていて、とても良いですね。σ(^^ )のサロンではお客様に読んで貰ってます!

掲示板変更 投稿者: - 2006/05/10(Wed) 12:56 No.640   HomePage  引用する 
aka.gif 最近、海外(主に韓国)からのロボットによるスパム書き込みが多く、ご迷惑をおかけしています。
それに対応するべく、掲示板を大幅に変更しました。

見た目はあまり変わらないようにしてありますが、
 1,投稿の際<キーワード>が必要になります。キーワードは指定の漢字の読みをひらがなで入力するだけです。
 2,auのWAP2.0に対応しました。
 3,各携帯からの絵文字入力に対応しました。
 4,携帯から半角カナで投稿された文字はPC上で全角カナに変換されます。
 5,ez-webエリア判定に対応しました。
 6,携帯利用時はダイレクトキーが使えるようになりました。
というところです。

RE:掲示板変更 投稿者:seasons_PaPa - 2006/05/10(Wed) 19:57 No.641    引用する 

aka.gif 携帯からテスト
茸F、vヨ]

「理論」は難しい・・・ 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/24(Mon) 16:56 No.617   HomePage  引用する 
aka.gif  必要があって、検索サイトでいろいろ調べていて、何となくGoogleで「シャンプー」をキーワードにしてみた。そしたら、一番目に ttp://www.asyura2.com/kaminoke.htm ←こんなのがでました。なかなかおもしろい作りで感心!ココは収入が多そうですね。『美工房 四季彩』では、基本的に商売に繋げる事はしないことにしているので、アフィリエイト広告は置きませんが、こういうサイトを見ると、『小遣い稼ぎしてみようかな〜』とちょっと思っちゃいますね。でも、ウチのサイトのように中庸的表現だと、説得力がないから儲からないだろうナァ〜。

 一昨日、ドラミさんという方からメールいただきました。珍しく質問メールではなくて、純粋な感謝メールでした。要は、「ここのコンテンツによって、化粧品の成分に対する判断力がつきました」という内容だったのですが、たまにこういうメールを貰うたびに嬉しくなって、『そろそろサイトリニューアルとコンテンツの充実を図らないと』と思う訳ですが、忙しさにかまけていっこうに進みません。
 他力本願ですが、http://andantelife.co.jp/beautysalon/science.htmこのページをお薦めします!あんだんてさんのサイトなのですが、ソウサリートさん・CHACOさんのコンテンツに直接飛ぶことができます。これらのサイトを全部読破すれば、かなりのレベルに到達するでしょう。

RE:「理論」は難しい・・・ 投稿者:ソウサ - 2006/04/26(Wed) 15:12 No.619    引用する 

aka.gif ニセ化学はなぜ受け入れられる!?
「ニセ化学」は『化学に見える』。
それどころか、実は本物の化学よりも化学らしく見えて受け入れ られていますよね!
ニセ化学の信奉者は決して化学が嫌いなわけではなく、本物の化学よりもニセ化学のほうを「より化学的」と感じているのではないでしょうか?・・・・・
また、
化学者と消費者イメージとのギャップも問題ですね。
消費者は、「色々な問題に対して、100%安全か!、危険か!白黒はっきりつけろ」というイメージを抱いている人が多いと思います。
まあ、メディアにも問題がありますが・・・・・。
例えば、
開発化学者にこの原料は安全ですか?と質問したとして も、いろいろな条件をつけたりいくつもの言い訳をした上で、しかも往々にして 歯切れ悪く曖昧な結論しかでません。
本来、化学者としてはこれがベストな答えなのですが、消費者からすればこれはあまり化学的ではないと受け止められてしまうのが残念ですね。

一方、ニセ化学は、
合成界面活性剤は悪く、せっけん(これも立派な合成界面活性剤ですが)は良いとか、プラスイオンは悪く、マイナスイオンは良いとか、とにかく素晴らしく!ものごとに白黒をつけてくれます。
本来、この思い切りのよさは、決してあり得ないものですが。
ニセ化学が受け入れられるもうひとつの理由として、ニセ化学は、信じたいと 願っていることをさも本当の事のように提示してくれます。
一部の人にとっては「信じたい」と「信じる」がほぼイコールかも知れません。
そこから市民運動と ニセ科学の結びつきが生じているのでしょうネ。
日本の市民運動家には、大企業の悪い点を提示する説は信じて、そうでない説は信じ ないという傾向がどうしても見られます・・・・・

ニセ化学は、むしろ「化学的」だからこそ信じられる のではないでしょうか?
大手メーカーや化学者は、いちいち反論することには無頓着ですが、長い目で見ると ニセ化学を放置することは自分の首を絞めることにつながるかも知れません。
あんだんてのようにちゃんと消費者に本当の事を中庸的にオープンしてるようなメーカーが沢山出てくるとニセ化学も衰退して行くかも知れませんネ。
PS:
長々、スミマセンでした!
只、小耳に挟んだのですが「癒し」の次に流行るかもしれないと言われてるのが、『神秘的』だそうですので・・・・・結構ヤバイかも!


RE:「理論」は難しい・・・ 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/27(Thu) 22:25 No.623   HomePage  引用する 

aka.gif  なるほど・・・ニセモノの方がホンモノに見える、ということですね!言われてみればそうかもしれないです。物質そのものについてや、化学反応については「コレッ」ていう答えは出ますが、それが人間にどのように作用するかなどは不特定要素満載で、白黒つけることは不可能ですからね。TVの健康番組が人気があるのはこういったところなのでしょうね。
 ウチの息子が理科で「周期表始まったよ〜」って喜んでましたが、似非科学に騙されちゃう人も昔はちゃんと『理科』の勉強をしたはずなのに、すっかり忘れてるんでしょうね。
 「売り手」は簡単に商売になる方を選びますから、「買い手」が賢くなれば『ホンモノ』がもっと沢山出てくるのではないでしょうか?

「癒し」の次は「神秘的」ですか。「不思議」や「霊的」・「宗教的」なモノも結構商売に繋がっているので、「神秘的」をテーマにまた怪しい商品が一杯出てくるんでしょうね。

RE:「理論」は難しい・・・ 投稿者:まあさ - 2006/05/05(Fri) 02:41 No.626    引用する 

aka.gif ほんとにその通りだと思います!!「アンチエイジングの鬼」というブログがあるんですが、ニセ科学とその信者で怖いです。宗教そのものですよ。企業や商品名をあげてばっさばっさ斬ってます。まさに白か黒なんです。素人さんが勉強なさるのは良いと思いますが、知らないからこそそうできることですね。専門家さんは知ってるからこそうかつに白黒はできないと思います。

新聞記事 投稿者: - 2006/04/23(Sun) 18:16 No.614   HomePage  引用する 
aka.gif 昨日、毎日新聞の記事をもらいまして、ネット検索で見つけましたので見てみてください。
当事者は大変でしょうね!

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1873184/detail

RE:新聞記事 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/24(Mon) 16:15 No.616   HomePage  引用する 

aka.gif CHACOさんこんにちは!

 情報ありがとうございます。早速読んできました。これは難しい問題ですね。CHACOさんが言う、「当事者は大変」って、本当にどちらにとっても大変ですね。
 この製品はよく知らないけど、マニキュアって名称からすると地肌に付けないタイプですよね。それにもかかわらず、2回染めたら眉毛まで抜けたって事は、症状から見てもアレルギー反応ですね。アレルギーは2回目以降で出ますし!説明書きにあるかどうかわかりませんが、パッチテストをやらなかったのでしょうか?

 抜けてしまった方はお気の毒です。が、『医薬部外品という薬剤であることを認識した上で、説明書をよく読んで使う。』というのは基本です。そういう観点も含めて、司法がどのような判断を下すのか興味あります。

RE:新聞記事 投稿者:ソウサ - 2006/04/26(Wed) 18:25 No.620    引用する 

aka.gif これをネタにして、
ホラッ!、カラーは危険でしょう〜〜〜!!
だから、○○や○○染めなら安心ですよ!
てな、セールスコメントが増えなければ
良いのですか・・・・

RE:新聞記事 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/27(Thu) 22:30 No.624   HomePage  引用する 

aka.gif 「植物性」なら絶対に「アレルギーを起こさない」し「人体に害がありません」ってヤツですね!

<病は気から・気は病から>で、疑えば症状が出るし、信じれば治る!ということも本当にありますから、自分が食べるもの・使うものを、まずは心の底から信じることから始めましょう!!???

ヤバッ!

ホームページの更新 投稿者:あんだんて - 2006/04/20(Thu) 00:52 No.605   HomePage  引用する 
aka.gif ホームページを更新しましたので、一度お立寄りいただければ幸いです。
自分のサイトを褒めるのも一寸気が引けますが、素晴らしいできばえですよ。 興奮してこの時間まで起きていました。

RE:ホームページの更新 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/20(Thu) 01:16 No.606   HomePage  引用する 

aka.gif 早速掲示板に<一番乗りで>書き込みさせていただきました\(^_^)/

益々の発展をお祈りします!

話題のシャンプー 投稿者:ソウサ - 2006/04/18(Tue) 16:21 No.601    引用する 
aka.gif CMを賑わしている天下の某大手メーカー新発売シャンプー。
今まで、タウリンにこだわっていたのに、新製品は高級アルコール系ですね・・・・・・
やっぱ広告宣伝費に力が入り過ぎたのかな??
植物油の生成には、新しいノウハウはあるのでしょうが。

RE:話題のシャンプー 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/19(Wed) 23:54 No.604   HomePage  引用する 

aka.gif アリャ!!高級アルコールでしたか!まだ見てないモンですから・・・・。値段の大部分が宣伝広告費でしょうし、容器に結構金がかかっているでしょうから、中味は推して知るべしですね。でも、売れるんだろうナァ〜〜・・・。

プロなんとかシリーズに一番イイヤツは、ちょっとイイ感じだった記憶があるのですが、値段もヨカッタので、購買意欲はそがれますね。単位価格を考えると、あんだんての方が思いっきり安いでしょう。

「あんだんて」HPリニュしましたね!http://andantelife.co.jp/

素朴な疑問です 投稿者:T-MAC - 2006/04/01(Sat) 21:57 No.582    引用する 
aka.gif つまらない質問ですが…
パーマの2剤を過酸化水素水で行った時の『中和テク』でカラー用酸リンスは何故向いてないのでしょうか?ウチでは一応パーマ用酸リンスはあるものの、カラー後パーマ後共に使える『アルカリ除去剤』(商品名ではありません)なるものも最後に使ってますが…。勉強不足で申し訳ないですが、よかったら教えて下さい。

RE:素朴な疑問です 投稿者:seasons_PaPa - 2006/04/01(Sat) 22:50 No.584   HomePage  引用する 

aka.gif  カラー用酸リンスが向いていないかどうかは判りませんが、酸度で分けているのではないでしょうか?アルカリ除去剤というのも酸リンスだと思いますので、それぞれの酸度を調べて必要に応じて使い分けると良いと思います。
 メーカーは目的をハッキリさせることで売りやすいのでしょうが、成分と目的を把握していれば、前処理剤を後処理に使っても何ら問題ないです。

 酸度を測るのはそれほど難しくないので、お手持ちの薬剤を一通り調べておくと便利ですよ。やり方は・・・きっとbanaoくんがレスしてくれるでしょう。

RE:素朴な疑問です 投稿者:T-MAC - 2006/04/02(Sun) 23:32 No.585    引用する 

aka.gif ありがとうございます。酸度が強いとパーマ用の酸リンスにはいいけどカラーだと色が落ちちゃう、カラー後の酸リンスだとパーマの酸リンスとしては、酸度が弱いと解釈してもいいでしょうか?酸度・アルカリ度の計りかた、過去のレスにあったような気がしたので調べてみます。ありがとうございました!

システアミン 投稿者:T-MAC - 2006/03/14(Tue) 14:55 No.552    引用する 
aka.gif こんにちは。またまた質問に参りました。
最近、ディーラーさんが『システアミン』を還元剤に使ったパーマ液を持ってきました。曰わく、「システアミンは今までのパーマ液と髪の作用するところが違うんですよ」だそうです。よく分からなかったのですが、よくかかるんです。チオ並みにかかる感じでシスみたいな柔らかさがあるんです。分子量が小さいからアルカリがなくてもかかるのは分かったのですが、一体システアミンってどんな薬なんですか?それから、システアミンでかけると、いわゆる『パーマ液臭い』のが残るんです。タオルにも臭いが残ってどうしようもないんです。もし、髪もタオルも消臭する方法を知っている方、教えて下さい

RE:システアミン 投稿者:ottoto - 2006/03/15(Wed) 23:30 No.553    引用する 

aka.gif 私なりの、少しだけの知識ですが。
システアミンは身体でも作る成分ですが、カーリング剤のシステアミン塩酸塩になると、全く別ものになります。
工業的に金属の洗浄剤として使われたりするものです。これを何者かが、新しい還元剤として目を付けたのでしょう。分子量が極めて小さいので、アルカリ性でなくても、毛髪内に浸透し、還元力を発揮します。
通常、酸性、中性領域で作られています。一部のストレート用として、弱アルカリ性のものもあります。
アルカリ領域では「チオグリコール酸」よりパワーがあるようです。濃度にもよりますが。
だから、アルカリ剤コールドと混ぜたりしては<大変>なことになります。
カーリング剤としては、髪を膨潤させないので、メーカーは「髪が傷まない。刺激が無い。」など良いことを言います。しかし、システアミンのカーリング剤を使用すれば、分かりますが、手の<ヌルヌル>がなかなか取れないのを感じると思います。
これは、トリートメント成分などではなく、手のひらに浸透したシステアミンの仕業です。
極端に言えば、システアミンで皮膚が<溶けた?>とも言えると思います。これこそが、システアミン塩酸塩の怖いところで、「花粉症」ではないですが、システアミンにさらされている間に、突如アレルギーが起こるようになる<恐れ>があるらしいのです。
その意味では、カラー剤の「ジアミン」に似ているとも思います。すべてに人に<アレルギー><感作性>が出るわけでは無いのですが、その内システアミンが多く出回るようになれば、問題視されるようになるかも知れません。
そのため、いわゆる大手のメーカーはシステアミンには、<見向きもしない><作らない>と思います。メーカーも<怖い>と思いますし。
<臭い>ですが、そのメーカーが臭い消し用の薬剤を出してる場合がありますし、OXY2液など酸性のものや銅イオン配合の薬剤もいいようです。でも残ります。
私もシステアミンのメーカーに問い合わせたことがありますが、「今まで、我が社や他社のシステアミンで、トラブルが起こったことは、全く有りません」とお叱りを受けちゃいました。私は使っていません。念のため。

RE:システアミン 投稿者:T-MAC - 2006/03/16(Thu) 02:54 No.554    引用する 

aka.gif ottotoさん、ありがとうございます!なんだかちょっと使うのが怖くなりました。手のヌルヌル、スゴいんです。洗っても落ちないんです。確かに手が溶けちゃってる感じですね。アルカリのパーマ液と混ざるとマズいのは、私も聞いた事ありました。でもそのディーラーさん曰わく、「後からシスやチオのパーマ液かけても大丈夫なんですよ。中性域の薬液なんで。作用するところも違うので」と。自分の聞いた知識を信じて、後からパーマ液つけたりはしてないですけど…。一番良く理解出来なかったのは、「作用するところが違う」っていうのが引っかかって安心して使ってなくて、ダチのモデルにしか使ってないです。ちょっと使うの見合わせてみます。安全性も臭いも気になるので。それより既存のパーマ液でお客様の希望通りにスタイルを提供できるようにしていきます。ありがとうございます!

RE:システアミン 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/16(Thu) 10:04 No.555    引用する 

aka.gif ottotoさん、説明感謝です。
ところで、「今まで、我が社や他社のシステアミンで、トラブルが起こったことは、全く有りません」の返答はすごい自信ですよね。化学物質を使う以上何らかのトラブルの可能性はあると思いますけど!

T-MACさん、
中性〜酸性域で還元作用のあるメルカプト化合物は、酸化することが難しいようで、どうしてもHS基が多く残留することで臭いが残ってしまうようです。完全酸化ができれば残留臭はなくなるのですが・・・。作用域が中〜酸性ということで、H2O2での酸化もなかなか難しいですね。触媒で消臭するとか、香料でごまかすという方法を併用しなければならないようです。
また、システアミンもメルカプト基HS-(チオール基ともいう:チオ〜という名称はここから命名されています)によってシスチンを還元するので、『作用するところが違う』というのはどういう意味なのかわかりません。このあたりは『突っこめそう』ですね(^-^) メーカーの答えが楽しみです。
個人的意見ですが、チオグリセリンとシステアミンは現状では必要性を感じていません。


最近、新薬のテストをしていて思うこと。『新しいもの=良いもの』ではない・・・実感です。
現行のものも新しいものも、<使い手次第で良くも悪くもなる>のは変わらないのです。確かに新しいものは、今までと違った結果は出ますが、それが必ずしも『良い結果』だけとは限らないので、新製品を営業に使う際は、十分な注意が必要でしょうね。
最近出てきている新還元剤は、遊離アルカリが無〜少量で済むものなので、毛髪膨潤が少なくなってます。それでもパーマがかかるということは、『還元力自体は強い』といえます。よって、酸化も今まで以上に難しくなりますね。

新還元剤としてこんなのもでてます。直に製品がでるでしょう。
http://www.japancorp.net/japan/Article.Asp?Art_ID=32131

RE:システアミン 投稿者:T-MAC - 2006/03/17(Fri) 00:31 No.556    引用する 

aka.gif season_PaPaさん、ありがとうございます!『還元力は強い』です!使って感じました。やっぱりアルカリで軟化膨潤してないと2液の入りというか、浸透は悪くなるんですかね〜。そうすると、酸化処理に結構気を使わないとマズいですよね〜。セットで付いてる2液はブロムだったんです。一応、お客様がバッサリ切った髪をもらって、それを毛束にして酸化処理をオキシで試してみたんですが…キッチリ酸化してくれたのか、一応かかった感じでした。なるべく過水の濃度を薄めにしてじっくり時間をおきました。でも臭いが…。確かに新しいものが良いものとは限らないですし、往々にして忘れ去られているのも新しめの薬だったりしますよね。現状で使ってる薬液でクオリティーを上げていくのが早いですよね。
でも、あるホームページにシステアミンの脱臭に『木酢液』が良いと書いてあったのを発見しました。『酢』がいいなら食用の酢でもいいのかな〜と思い、試してみようと思ってます。

RE:システアミン 投稿者:ottoto - 2006/03/17(Fri) 21:58 No.557    引用する 

aka.gif T-MACさん、「システアミン」を調べているうちに、知り合った<ある美容師さん>は、なんと普通のパーマでは、シミたり、痒くなる人、アトピーの人専用として「システアミン」で施術されていました。
ディーラーの言うのを、そのまま信じて使っていたそうです。がっ、しかし、いままで一度も問題は起こっていないと言うことでした。仕上がり感がとても良いので、ウチでは、とても助かっている。とのことでした。詳細を知って、他のより安全な薬剤を勉強します、とおっしゃってました。我々美容師の<手>も心配ですよね。
もし「システアミン」を完全に捨て去るのでなければ、こんな使い方はいかがでしょう!?
強いチオ系で、おでこが赤くなったり、最悪皮がめくれたり、するのは過去にはありがちでした。
これは接触性皮膚炎で一時的、局所的ですが、「システ・・」の場合は、<ある日突然広範囲にアレルギーが出るかもしれない。>のが怖いわけです。一度出ると、少量の「システ・・」でも、いつも発症するようになるらしいのです。
だから、とりあえず、皮膚に付けない施術に限る、と。
例えば、「ビビリ毛の矯正に使う。」
アルカリだと付けただけで、溶けてしまいそうな傷みきった「ビビリ毛」に使い、還元状態チェック後、アイロンは使わず修正ブローで矯正する。
 「システ・・」も世にでた当初は、<どぶ臭い>臭いだったらしく、最近は、それでもかなり、ましになっているようです。
私も営業では使ってませんが、数社のものを取り寄せた中では、「パナックス」の「アクア、モイスト」が一番臭いが少なくマシでした。その他のメーカーのものは、強い良いニオイでごまかしてました。
seasons_PaPaさん紹介の<カーリング剤>が早く発売されると、いいですね!!

ottotoさん 投稿者:T-MAC - 2006/03/18(Sat) 14:04 No.558    引用する 

aka.gif 色々なお話ありがとうございます!ちょっと試しに花粉症はないものの、金属アレルギーで首が痒い痒いになっている自分の頭でやってみようと思います。ダーバンをわざと痒い所に薬が垂れるように仕掛けてみます。百人にやって百人とも同じ結果になるとは思いませんが…。
余談で、毛束で木酢液と食用酢を使った消臭効果を試してみたんです。木酢液は200倍に薄めて、食用酢は原液で使用しました。双方とも酸性なので、中間酸リンスに使い2液はブロムでやりました。なるほどドライすると、システアミンのに臭いは消えてたんですが、食用酢は『酢』の臭いが鼻にきました。その後、またシャンプーをしたつもりでウェットしたら、またシステアミンの臭いが復活しました…

RE:システアミン 投稿者:ソウサ - 2006/03/28(Tue) 13:53 No.579    引用する 

aka.gif papaが言っている新還元剤
○○○化学からは、カーリング剤ではなく縮毛矯正剤として新製品で発売間近!
様々な問題点を、クリアーしての販売なら良いですけどネ。
デイーラーさん曰く
めんどくさいですよ・・・・・・

RE:システアミン 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/29(Wed) 22:29 No.580   HomePage  引用する 

aka.gif こんばんです!

縮毛矯正には結構イイと思いますが・・・・。
クリアされてるかどうか、なかなか難しいでしょうね〜〜〜!
めんどくさいというのはどんなところでしょうかね??

掲示板リセット 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/22(Wed) 16:22 No.573    引用する 
aka.gif ご迷惑をおかけしますが、今までのログはリセットしました。

長いことサイトを運営していると、「いい加減せいよ」というメールは結構来るんですが、またまたスゴイのが来てしまいまして、某メーカーの件でのいくつかの書き込みについて、関係者を名乗る方よりクレームでした。
相手にする(返事を出す)のが面倒なので掲示板のログを削除したというわけです。掲示板は、一応書き込みができる状態で残しますので、メーカー名・商品名を出さない書き込みでお願いします。って、そうなると全然存在意味がないけど!

マァ、それにしてもあちらさんも商売の都合はあるんだろうけど、なんだかナァ・・・。メールじゃなくて「堂々と掲示板に書けばいいのに!」と思いますね。ご丁寧に「公開しないように」と書いてあるし、自分が言っていることに自信がないのでしょうか?(差出人さん、読んでくれてますか?)
こちらとしては「ごちゃごちゃ言われると面倒」だし、ひとつひとつ反論しても良いけどばかばかしくて疲れますからね。σ(^^ )もそんなにヒマな人間じゃないし、最近は何かと忙しいのでログを削除してしまったというわけです。

向学心のある人なら、何か新しいものを使おうと思ったおき、「売る側の押しつけ理屈」だけじゃなく、同じような立場で使用している人の意見や評価は知りたいと思うのが普通なわけです。身近に使っている人がいなければ、ネットで探しますよね。たまたまこのサイトは美容関係の成分や固有名詞で検索にかかってしまうようです。
現在のようにネットで情報が溢れている時代に「自分に不利な情報だけを抹殺」するのは無理ですよね。そんなことに労力を割くのならば、マイナスの評価が出ないような製品を作るべきです。このサイトで言い続けてきたことなんですけどね。

自分としては、今後美容コンテンツを充実させていく予定もないので、<美容関係>は閉鎖してもイイんだけど、とりあえず現状のコンテンツは当分残しておく予定です。このサイトと掲示板のおかげで、オンライン上でたくさんの方と知り合えたので、その方々とのメールでの直接やりとりで十分情報収集ができるようになりました。特にあんだんてさん・ソウサさんと知り合えたのは大きな収穫でした。


ついでに、今後はメールフォームからの質問は一切答えません。返事が無くても恨まないでくださいね!(^_^;)
このサイトのコンテンツはだいぶ古くなっているので、新しい美容コンテンツについては、あんだんてhttp://andantelife.co.jp/ ソウサリートhttp://www.healinghair.com/ CHACOhttp://chaco-salon.com/ を参考にしてください。これらのサイトなら「騙されること」はありません。

RE:掲示板リセット 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/23(Thu) 11:25 No.576    引用する 

aka.gif 多数のメール・お電話ありがとうございます。

過去ログはhttp://retreat.s96.xrea.com/ に移動しました。

Free BBSの方は、画像・音楽などジャンル問わず何でも有り(怪しい情報も)ですので、連絡用にでもお使い下さい。
IDとPASSは以前のまま(忘れた人はメールください)です。ID・PASSお持ちの方は、お知り合い(変な人は避けて欲しいけど)にばらまいてイイですよ!
入り口は四季彩TOPの音符画像の中程です。

RE:掲示板リセット 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/27(Mon) 13:09 No.578    引用する 

aka.gif 要望が多かったので、問題のあったスレを削除して、残りを復活させました。

毛周期について 投稿者:uni - 2006/03/22(Wed) 15:34 No.571    引用する 
aka.gif 初書き込み失礼します。

先日美容師問題にチャレンジし、解答と解説を拝見しました。1つ謎なのですが、毛周期の休止期はどのくらいか?という問題で約3ヶ月となっていますが、改訂版サイエンスオブウエーブやネット検索等で調べると4〜5ヶ月が多いようです。
本当はどっちが正解なのでしょうか?
勉強不足で申し訳ありませんが回答をお願い致します。

RE:毛周期について 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/22(Wed) 16:22 No.572    引用する 

aka.gif 1ヘアサイクルを3分割するか4分割するかなので、どちらも正しいと思います。
σ(^^ )は4分割説を採ってます。

RE:毛周期について 投稿者:uni - 2006/03/23(Thu) 10:19 No.574    引用する 

aka.gif ナルホド、そういうことだったのですね。
疑問が解けてよかったです。

ありがとう御座いました。

RE:毛周期について 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/23(Thu) 11:20 No.575    引用する 

aka.gif 書き忘れてました!

ヘアサイクルを4分割して、休止期を3ヶ月と見ることで、理・美容師さんの営業において、お客様へ産後脱毛・秋口脱毛・円形脱毛の原因説明に都合がよいからです。

シリコーンについて 投稿者: - 2006/03/18(Sat) 18:17 No.559    引用する 
aka.gif こんばんは。
「シリコーン」について教えてください。
一部メーカーからシリコーンは毛髪へ害があると聞かされ
(薬液やトリートメント成分の浸透を阻害する、シリコーンがなくなった時はダメージが進行する、シリコーンが剥がれる時にキューティクルを一緒に剥がす、などなど)ずっと疑問に思いつつそのままにしていました。
そこで今さらながら質問です、
シリコーンてそんな悪いモノなの?
各メーカーはシリコーンを各種化粧品や薬剤に使用していますよね?悪いモノなら使用しないはずでは?
ヘアカラーの退色防止にはシリコーンが必要とも聞きました。
またシリコーンとポリマーは違うモノなのでしょうか?
だれか教えてください。

RE:シリコーンについて 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/19(Sun) 00:12 No.560   HomePage  引用する 

aka.gif http://shikisai.4-sky.com/cgi-bin/mbbs/mbbs.cgi?mode=view&tree=417
↑を参照してください。

ちなみにシリコーンはシリコン(珪素:Si)の樹脂のことで、基本的に人体に安全とされています。しかし、安全といわれていた虫歯予防のフッ素コートも、安全性に疑問を持つ説もあるので、シリコーンも100%安全かどうかは判らないです。
ポリマーとは重合体のことで、単量体のことはモノマーといいます。モノマーを付加重合・縮合重合で重合体にしたものをポリマーと呼ぶので、ポリマーとは固有名詞ではありません。シリコーンを重合体にするとシリコーンポリマー(ジメチコンは代表例)と呼びます。

RE:シリコーンについて 投稿者: - 2006/03/19(Sun) 20:27 No.561    引用する 

aka.gif 似たような質問ですみませんでした。
シリコーンは通常のシャンプー剤では落としきれないようですが、それならシリコーンを除去する方法はありますか?

高分子シリコーンなら薬液等の浸透を妨げない気がするのですがどうでしょうか?
やっぱり高分子でも浸透を妨げるのでしょうか?
よろしくお願いします。

RE:シリコーンについて 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/20(Mon) 21:24 No.562   HomePage  引用する 

aka.gif 美容師さんによっては、「パーマ・カラー前はシャンプー後にリンスとすると薬剤反応を阻害する」と言う方がいますが、意外にそれほどのことはありません。それよりも、傷んだ髪をノーリンスで梳かすことで物理的ダメージを与えることの方が深刻だと思います。

それはさておき、シリコーンが薬剤の働きを完全に阻害する事はないはずです。お手持ちの薬剤で試してみてはいかがでしょうか?メーカーや種類によって結果が変わるので、普段使っているパーマ・カラー薬剤に対し、トリートメント・リンス・仕上げ剤がどのような結果をもたらすかを把握しておくことは良いことだと思います。
個人的に<新しい素材>が手に入ったときはハーフヘッドで簡単なデータ取りはしています。

p.s 高分子のモノの方が薬剤を阻害する割合が高い気がします。

資料のコピー 投稿者: - 2006/03/05(Sun) 10:29 No.546    引用する 
aka.gif 初めまして。
静岡で美容室を開業してい、みみずく(HN)と申します。
スタッフ教育に是非資料のコピーの許可を頂きたいのですが。。
宜しくお願い致します。

RE:資料のコピー 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/05(Sun) 21:58 No.547   HomePage  引用する 

aka.gif みみずくさん、連絡ありがとうございます。

再配布・転載はしないようお願いします。

RE:資料のコピー 投稿者: - 2006/03/06(Mon) 00:17 No.548    引用する 

aka.gif 許可有難う御座います。
再配布・転載は致しません。
元素周期表をエクセルに落としたいのですが
ソフトはどのような物が必要でしょうか?
差し支えないようでしたらお教え願います。

RE:資料のコピー 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/06(Mon) 22:41 No.550    引用する 

aka.gif 周期表のページにExcelのファイルそのものを圧縮したLZHファイルがあるので、それをDLし解凍して御利用ください。

プリントアウト 投稿者: - 2006/03/02(Thu) 19:12 No.542    引用する 
aka.gif ご無沙汰しております、お久しぶりです。
いまさらながら化粧品成分表示名称小辞典
のプリントアウトさせて頂きました。
個人勉強用で転記、転載は行いませんので
よろしくお願いします。

RE:プリントアウト 投稿者:seasons_PaPa - 2006/03/03(Fri) 17:33 No.544   HomePage  引用する 

aka.gif トリ頭さん、こんにちは!
プリントアウトの件、了解しました。連絡ありがとうございます!

ヘアケアについて 投稿者:ムック - 2006/02/15(Wed) 14:38 No.528    引用する 
aka.gif こんにちは。こちらで色々なことを知りました。とても勉強になります。
私はこれまでカラーやデジタルパーマを繰り返しておりました。(今はどちらもしていません)そのせいですっかりぱさぱさの髪になってしまったのですが、市販のトリートメントを毎日しても改善されず途方にくれていました。
それで、刺激の少ない自然な成分に近いシャンプーをさがしており、たまたまPATYKAと言うメーカー?のハニーシャンプーを使い始めたのですが、シャンプーだけでつるんとした髪になります。今のところリンスもトリートメントも全く必要ないので感動しているのですが、今までのパサつきやゴワゴワ感は科学合成物質のせいだったのでしょうか?又、こちらをご覧になっている皆様で、パティカを良くご存知の方、ぜひ情報を教えて頂けたらと思います。何卒宜しくお願いいたします。

RE:ヘアケアについて 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/16(Thu) 22:13 No.531   HomePage  引用する 

aka.gif 高価な輸入物のようですね。記載されている成分を教えて頂けるとある程度の評価は出来ると思います。
ちなみにσ(^^ )がシャンプーをテストするときは、
 ●1週間ほど朝晩顔を洗う
 ●舐めてみての刺激性
 ●泡を立てて目に入れたときの刺激性
 ●傷に擦り込んでの刺激性
以上ですが、もちろん成分に不安があるときはやりません。一般の方はマネをしないでください。

ゴワゴワ・パサパサは、たぶんカラー・パーマのせいかもしれません。つるんと仕上がり自体が化学合成物質のおかげだと思われます。ツルツル仕上げというのは一番簡単にできる部分です。

個人的に、<シャンプーの評価>はシャンプー直後の手触りやなめらかさではなく、乾かした後や翌朝の髪の状態がしっとりサラサラで寝癖がつきにくく、なおかつ髪が扱いやすくなるモノが一番イイと思ってます。

有難うございます。 投稿者:ムック - 2006/02/23(Thu) 14:13 No.541    引用する 

aka.gif お礼が遅くなり申しわけございません。シャンプーテストすごいですね!「えっ?」とびっくりしてしまいました。

パティカは確かに高額商品なんですが、しょっちゅう美容院でトリートメントしてもらう事を考えたら許せる範囲だったので思い切って買ってしまいました。

現在も髪の調子はすこぶる良いのですが、一本使い切った時の髪の状態が楽しみです。やはり続けて使ってみないときちんとした評価はできませんが、私なりにすごい手応えを感じております。

シャンプーの瓶裏に成分?が書かれてありました。
ラベンダーフラワーウォーター、ラベンダーエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、タイムエキス、ハイビスカスエキス、ハチミツとなっています。


パーマについて 投稿者:まなみ - 2006/02/11(Sat) 10:31 No.524    引用する 
aka.gif はじめまして、「デジタルパーマ」で検索してたらここにたどり着きました。
もう毛先ぼろぼろ状態で何とかしたいけど、ウェーブも欲しいんです。それで、今度は普通のパーマにしようと思ったのですが、今行っている美容室は9千円と1万円と1万2千円とあって、以前は中間を取って1万円でやってました。それで、お聞きしたいのですが、パーマの料金ってどういう風に決まるんでしょうか?3種類あると一番安いのにはなかなかできないですよね。でも、一番高いので髪が良くなるような気もしませんし、素人には「どれにしますか?」と聞かれてもどうして良いか判らないのです。アドバイスお願いします。

こちらのホームページと、リンクにあった美容室のホームページも見てみたのですが、むずかしい言葉がいっぱいでとても理解できそうにないです。リンクにあるような美容室さんは長岡周辺であったら教えていただけたらうれしいです。

長々とすいませんが、よろしくお願いします。

RE:パーマについて 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/13(Mon) 19:27 No.525    引用する 

aka.gif  難しい問題です。それぞれのサロンで考え方が違うと思うので、行っているサロンで質問してみるのが一番良いと思います。そのうえで、あなたがその考え方に賛同できれば、今まで以上にお互いの意思の疎通ができるのではないでしょうか?

 個人的には、パーマやカラーのランク(料金)は技術者側からの提案があるのが本来だと思います。
髪の状態に合わせてできるだけベターな薬剤などを選択するべきであって、お客様側に決めてもらうというのは、あまりに消極的すぎるというか、単なる責任回避にしか思えません。
「何cm切りますか?」「パーマの強さは?」「カラーの色は?」と全部決めさせておいて、仕上がりに不満があると「あなたが言ったんですよ!」と逃げる口実に聞こえますよね。スタイルも含めて、やる側からの提案とやってもらう側の好みが上手くシンクロするのが理想だと思ってます。

暴露になりますが、パーマ薬剤コストは『1人分100円』程度からあります。
例えば、
  @200円の薬剤を使ったパーマ→ 9000円
  @300円の薬剤を使ったパーマ→10000円
  @400円の薬剤を使ったパーマ→12000円
だとして、技術的内容に大差がない場合は納得いかないのは当然ですよね。

 美容室でも『インフォームドコンセント』が大切だと思います。まなみさんも納得できるようにどんどん質問した方がよいでしょう。σ(^^ )はあまり美容師さんとの交流がないので良く判りませんが、ソウサさんやCHACOさんのように、知識を持って『髪を大切に考えている』美容師さんはたくさんいると思ってます。きちんとした『答え』を返してくれる人が見つかると良いですね。

ありがとうございます 投稿者:まなみ - 2006/02/18(Sat) 09:09 No.535    引用する 

aka.gif 貴重なご意見ありがとうございました。
パーマは値段によってあまり変わらない美容室と変わる美容室があるということは何となく判ります。周りの人が行っている美容室のことなどを聞いてみて探してみます。理科系が苦手なので理屈はさっぱりですが、わからないながらもできるだけ美容師さんに色々聞いて、自分なりに納得できるようにしたいと思います。

seasons_PaPaさんの「市販のシャンプー」も読ませていただきましたが、家での手入れによっても髪の傷みはずいぶん変わるのでしょうね。もうちょっとがんばってみたいと思います。

量販店のシャンプー 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/16(Thu) 22:19 No.532   HomePage  引用する 
aka.gif "大型量販店行ったついでに、市販シャンプーのチェック!<どうしても市販モノ使うとしたら>と仮定して、「自分の頭に使ってもイイかナァ〜」って思ったものをピックアップ。実際使うことは間違ってもないけど、一般の方に「市販のシャンプーで許容範囲のモノ」という質問を受けることもあるので・・・。

●大昔からある『レラ』は300ml=2,500円で値段が高いし、成分的に古さは否めないけど、安心感はある。
●資生堂『プロサイエンスシリーズ』246ml=1,300円これはマァマァかな?タウリン系活性剤は資生堂の十八番。4シリーズのウチの一つは医薬部外品。ピロリドンカルボン酸ナトリウム配合だった。立派!
●カピトリーノ『ヘナ』200ml=1,200円。これは初めて見た。ヘナが入っているかどうかなんてどうでもいいけど、ベタインとグルタミン酸がベ%酸がベースで、ちょこっとイイかな?
●『マシェリ』プラチナヴェール。マシェリシリーズではこれだけちょっとマトモ。安い商品では、以前はスーパーマイルドがちょっと良かったけど、昨年のモデルチェンジで成分が変わったのでパス。今売られている安いシャンプーではプラチナヴェールか?
●ナンバースリー『イルガ』シリーズも売っていた。ちょっとビックリ。

以上5製品のうち、3製品は主に美容室で販売しているモノ。他の商品はぜ〜んぶパス(自分にとっては)だな。人によって合うあわないがあるから何とも言えないけど・・・。
さすがに資生堂は強いというか開発力があるというか・・・。全体に見ると、やはりコストのかかる成分を主に使うと値段も高くなる。ちなみに『あんだんて』が400ml=2,300円だから、こっちの方が全然いいなぁ!1Lのチアパックだと空気や水が入らないから変質することも防げるし、最後の一滴まで使えるし!何より成分的に安全性が非常に高く、なおかつ仕上がりがイイ。

市販モノは相変わらず、高級アルコール系活性剤をベースに、しっとりツルツルの成分を入れて洗い上がりを『作って』、『イイ匂い』で気分良くするシャンプーが圧倒的。それはそれで構わないけど、もうちょっと何とかならないモンでしょうか?全ての製品に言えるのは、安定性や防腐を考えると、そのための成分が多少はいるのはしょうがないけど、香料・着色料、特に着色料は控えて欲しいモンですね!
やっぱ、お泊まりの時はシャンプー持参が基本ですな。"

資料室 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/13(Mon) 09:33 No.526    引用する 
aka.gif スーパー久しぶりにコンテンツが一個増えました。

個人的にノートにまとめておいたバケガク用資料を、簡単にhtml化してみました。カルボン酸や官能基などは、パーマ剤・カラー剤の参考になるかもしれません。
徐々に内容も増やしていく予定です。『こんなのもあった方がイイよ』ってのがあったら教えてください。

http://shikisai.4-sky.com/chemist/memo.html

化粧品名称表示成分小辞典 投稿者:AT - 2006/02/08(Wed) 23:38 No.518    引用する 
aka.gif 今、店で扱っている薬剤の成分を調べているのでプリントさせていただいてよろしいですか?

RE:化粧品名称表示成分小辞典 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/10(Fri) 20:01 No.521   HomePage  引用する 

aka.gif 連絡ありがとうございます。再配布はしないよう、有意義に役立てて頂ければ幸いです!

RE:化粧品名称表示成分小辞典 投稿者:AT - 2006/02/10(Fri) 21:21 No.523    引用する 

aka.gif ありがとうございます。
すごく助かります。

スレ削除 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/10(Fri) 20:04 No.522   HomePage  引用する 
aka.gif 内容が無い販売目的の書き込みは削除しました!

そういえば、エージェントが[Windows/ppt]になってる・・・・

お勧めです。 投稿者: - 2006/02/07(Tue) 11:24 No.515   HomePage  引用する 
aka.gif アグリコン型イソフラボンって知っていますか?
私はこれで便秘が治りました。それに、最近はお肌の調子もすごく良いんです。是非、試してみてください。詳しくはこちら→http://www.genkini.co.jp

RE:お勧めです。 投稿者:ソウサ - 2006/02/07(Tue) 18:23 No.516    引用する 

aka.gif まあ、papaもオイラも『嗜好品』にはあまり興味はないですが・・・・・
厚生労働省で現在、探ってるのは知っているのかな?
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1.html
大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価においては、これまでの長い食経験を有する大豆あるいは大豆食品そのものの安全性を問題としているのではなく、大豆イソフラボンのみを通常の食生活に上乗せして摂取する場合の安全性が検討されたものです。

RE:お勧めです。 投稿者:seasons_PaPa - 2006/02/07(Tue) 22:19 No.517   HomePage  引用する 

aka.gif ドモです!!
σ(^^ )も大豆イソフラボン要りません!今、問題になってますしね。最近、宣伝書き込み多いです。ちなみにosakakita.osaka.ocn.ne.jpがダントツですね。

先日、年に一度の人間ドック行ってきたのですが、日頃の食い物がイイせいか、今回もバッチリでした。所見の医師に「何かスポーツとか健康法とかをやっているのですか?」と聞かれてしまいました。時々、あちこちにトラブルがでる割にはドックの数値は良いんですよねぇ〜。

ところで、ウチの嫁さんが http://www.rakuten.co.jp/candy/478160/1471123/ を欲しいと言っております。どっちの料理ショーで出たらしく、『シワが少なくなる』らしいです。コラーゲンを消化してアミノ酸になったものを腸から吸収し、再度コラーゲンの形になってそれが顔にズンズン溜まればシワもなくなるでしょうが・・・・。プラスαとしてエラスチンやNMFなどのムコ多糖類も増やさないと効果が薄そうな気もします。
でも、何となく良さそうでもあるので『人柱』として実験予定です!

ヌースフィット 投稿者:seasons_PaPa - 2005/11/25(Fri) 16:50 No.441    引用する 
aka.gif このHPの「化粧品原料小辞典」をまとめてくださった、σ(^^ )の友人(おこがましいですが)で、個人的にも大変お世話になっている亀ヶ森氏が代表の<ヌースフィット>のHPが一般公開されましたのでお知らせします。

理・美容師の方は「プロフェッショナル」のページは是非読んでください。特にパーマの所は、経験や勘だけでなく「理論」の大切さを実感させてくれると思います。

また、氏はPCの達人でもあるので画像処理や色使いの参考にもなると思います。ドローグラフィックスは日本では少数派(欧州のプロでは多数派)でもあるCorelDrawの使い手でもあります。

urlはhttp://www.nousfit.co.jp/ です。

RE:ヌースフィット 投稿者:ソウサ - 2005/12/01(Thu) 18:04 No.445    引用する 

aka.gif 「プロフェッショナル」読みました。
未だに大半のメーカーが『企業秘密!』とか言ってるパーマ剤数値をしっかりオープンにしているのは
嬉しいですね。
有名?美容メーカーも是非、<魔法の薬>で、騙しているような上辺だけの手触り感処理ばかり考えずにパーマ本来の基本をチャンと指導するのが本来の美容メーカーであると『見習って欲しいHP』ですね。

文章中で、指摘されてるチオグリコール酸!そう言えば以前、サンプルでちょこっとあげますよ〜と言われましたけど丁重にお断りしました・・・・・
アプローチは
「薬剤的に知識のある美容室にしかお話していませんが、お宅はしっかり勉強しているからお話してるんですよ!」
これで、騙された美容室って多いかも知れませんね。只でさえジチオジグリコール酸配合もこまったシロモノですのに。

因に、来年春頃、数社がチオグリセリン配合のパーマ剤発表?と言う噂をきいたのですがpapa知ってます?・・・・・・

PS:
例のブツのお礼、
遅くなって申し訳ありませんでした。
そう言えば、お客さんの友達が施術後、なんか髪の毛パスタみたいになっちゃったそうです。
オオ〜ッと〜〜恐いですね・・・・・・。

RE:ヌースフィット 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/02(Fri) 21:44 No.446    引用する 

aka.gif 毎度です!
キルビー法のところはおもしろいですよね!現実に則しているかどうかではなく、「純粋に薬剤としての特性を決める基準」という考えは、メーカー側として絶対に必要なことだと思うのですが、ここまで細かくテストしているところは無いんじゃないでしょうか。チオグリコール酸・ブロム酸についてもコンテンツ以外に色々あったりします。

チオグリセリンの認可は決定したのでしょうか?σ(^^ )は知らなかったので、早速聞いてみます。

デジタルパーマのトラブルは結構聞きますね〜。縮毛矯正もそうですが、パーマ処理時に加温する技術は細心の注意を払わないとあとが怖いですね。以後のパーマがかからないだけでなく、カラーも異常に褪色が早くなりますから!

RE:ヌースフィット 投稿者: - 2005/12/10(Sat) 10:39 No.457    引用する 

aka.gif  チオグリセリンは、A社とL社から来年でそうです。
還元剤には、かわらないので、そこに配合される樹脂系や油分のちがいで、TGグリセリンは、「何回かけてもいたみません」みたいな広告の過大評価で、終わらなければ良いのですが、なんてたってアセチルシスティンの例がありますから・・・・
 そうそう、大掃除をしていたら、大門一夫先生の昔の資料がでてきました。そこに、ビビった髪は、少量のAVとTG(中性)で修正するのが、一番負担なく治せると書いてあり、実験したら、結構修正がきいて、いい感じ、やっぱり新しい薬剤が毛髪を治すのではなく、行う技術者のレベルを向上させたほうが良いと改めて思いました。

RE:ヌースフィット 投稿者:T-Mac - 2005/12/10(Sat) 22:23 No.458    引用する 

aka.gif 横からすみません…。私も読ませていただきました。『目から鱗』でした。その薬のポテンシャルを知る事が、使いこなすことの第一歩であり、薬液の毛髪に対する作用があってこそ、そこに初めてプロセスが付いてくるのだと感じました。『この薬付けて5分したら今度はこの薬付けて…』ではなく、『この薬を付ける事でこういう作用が起きるので…』ですよね。髪の状態の変化より、プロセスばかりを気にしてる美容師さんやメーカーさん、ディーラーさんも多いように思いました。本当に某メーカーさんやディーラーさんにも読んでもらいたいと思いました。私ももっとよく理解していかなくてはならないと思いました。

チオグリセリン 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/20(Fri) 22:56 No.508   HomePage  引用する 

aka.gif チオグリセリンは中性ではウェーブ効果が小さいそうで、やっぱり一定濃度アルカリ配合しなきゃならないようです。

ソウサさん・banaoくん、某所より新しい還元剤の話を聞きましたよ!まだ詳しく言えないのですが、試作品をかなり楽しみにしてます。

RE:ヌースフィット 投稿者:ソウサ - 2006/01/21(Sat) 18:34 No.509    引用する 

aka.gif 今、使用してる製品で十分ですね!
でも、
関西では、てぐすね引いて発売を待っているディーラーさんが待機中。デジパーもそろそろ終焉を迎えているし、カラー剤もいまいち動いていないし、てな感じですので。
天下の資生堂が、なんとナプラカラーのモノマネ製品新発売みたいですね。

papaさんの某所よりの還元剤は気になりますね!
きっと正確な数値がわからない製品は使用しないpapaさんですから、また機会があれば教えてください!

『毒+界面活性剤』 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/13(Fri) 21:54 No.507    引用する 
aka.gif 何となく『毒+界面活性剤』で検索! 結果、Yahoo=64000件、Google=32600件。良くは見ていないけど、ほとんどのサイトは『健康』『自然』『天然』系の販売サイトがメインみたい。その中で興味深い単語があった。『パラフィンガン』だと!誰が言い始めたのか?検索するとYahoo=11件、Google=22件。当然ヒットしたサイトには学術的なサイトはなく、販売系サイトばっかり。それにしてもこの方達はパラフィンの化学式を知っているのかな?知っていたら『エコナ』や『オリーブオイル』なんか使っている場合じゃないでしょ!

続きはブログhttp://blog.livedoor.jp/seasons_papa/archives/2006-01.html#20060113で!

今年もよろしくお願いします 投稿者:ソウサ - 2006/01/11(Wed) 18:53 No.504    引用する 
aka.gif コーセーがまつ毛パーマしたようなマスカラ
メークアップブランド「ヴィセ」から、高いカール効果と強力なカールキープ効果であたかもまつ毛にパーマをしたかのような仕上がりを実現した「グッドマスカラドラマティックシェイプ」を発売。
新たにカーブ型起毛ブラシと持続性に優れたポリマーを採用。カーブ型起毛ブラシは従来のブラシと違って起毛させたような状態のブラシで、超極細のナイロン繊維をブラシ部分に密着させているので、短いまつげや下向きのまつ毛でも根元からとらえて持ち上げやすく、しかもまぶたのラインに合わせたカーブなので目の回りのまつ毛でも一度で立ち上げてしっかりカールするとのこと。
さらにマスカラ液には髪のスタイリング剤にも使われるほど強力なセット力を持つカールポリマーを配合、立ち上げてカールしたまつ毛の状態が長時間持続。
『まつ毛パーマをしたかのような仕上がりを実現』だそうです・・・・・・


皆さんの中には、御存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、新年早々、ソウサさんは使用しないと思いますが!とのコメント付きでディーラーさんにシャンプー&トリートメントサンプルを頂きました。
「紅茶のオレンジペコの香りが抜群に良いで〜す!」
DSで、有名なトイレタリーブランド花王が美容室販売では、儲けにはならないからこんなもんで良いだろうというバカにされてる処方と思ってしまいました・・
全表示を覗くと(因にダメージヘア タイプ)
1、水
2、ラウレス硫酸Na
3、ラウリル硫酸Na
4、・・・・・・
美容業界もなめられたものですね!ショック(i_i)
これなら、お客様にア◯エ◯スで良いですよって言ってしまう自分が可愛いと思ってしまうのがビジネス的にはダメでしょうが。
トリートメントはまあ普通のありきたり商品・・・
あんだんてを使用してしまうと、
小手先だけの謳い文句には騙されませんネ!

臭素ガスでこんなんありました。
主要な徴候
吸入:鼻、気管支などの粘膜が激しく刺激される。 多量に吸入する遅発性肺浮腫をおこす。揮発性が強く腐食作用が大、これを吸うと粘膜を刺激し、炎症を起こす。
[注]肺水腫の症状は 2〜3時間経過するまで現われない場合が多く、安静を保たないと悪化する。したがって、安静と経過観察が不可欠である。
濃度と作用の例示
0.1〜0.2ppm:かすかに臭気を感じる。
0.3〜0.45ppm:作業が困難となる。(banaoさんの人体実験はこれですかね?)
0.6ppm:作業が不可能になる。
1ppm以上:催涙性が現れる。
10ppm以上:のどなどを激しく刺激する。


RE:今年もよろしくお願いします 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/12(Thu) 22:09 No.505    引用する 

aka.gif ソウサさん、今年もよろしくお願いします。

毎度、情報ありがとうございます。カールするマスカラは結構良さそうな感じですね。(ワタシャまつげも天然ナンで必要ないですが・・・)誰かに買わせてみます。

『ソウサさんは使わないと思いますが・・・』って、よく分かっているディーラーさんですね(^_^;) だったら持ってくるナァ〜って言うよりもサンプル貰えればどの程度の商品か分かりますから有り難いですね。
大型スーパーで市販のシャンプーを片っ端から見ていると、どれも似たり寄ったりで「コレなら使ってもイイかナァ〜」ってのが全然無いから、旅行の時などは絶対持参しないと!忘れたら洗わないでいるしかない・・・。

臭素データありがとうございます。かなりの低濃度で症状が出ますね。理・美容室だけでなく、写真やさんなんかも臭化銀使うから影響あるでしょうね。もっともデジカメなら関係ないし、理・美容室もH2O2使えばいいわけだし。

携帯メール用データが見れません 投稿者:あさ - 2006/01/09(Mon) 12:55 No.498    引用する 
aka.gif 携帯メール用データをSDカードにコピーしたのに携帯で見る事ができません。どなたか教えて下さい。

RE:携帯メール用データが見れませ... 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/09(Mon) 21:10 No.499    引用する 

aka.gif このサイトに携帯用のデータがあったことをすっかり失念していました。

本題・・・
DocomoかVodaであれば、コピー先フォルダさえ間違えなければおおむね読めると思います。また、一部の機種を除いて、メモリーカードから直接内容を確認できると思います。

AUの場合はvmgファイルを変換する必要があるかもしれません。フリーソフト(http://reacomsoft.com/など)で変換させるか、エディタで編集すればOKです。

他の方法としては、vmgをemlに変換しPCから携帯へ送る手もあります。この辺はググってみてください。

RE:携帯メール用データが見れませ... 投稿者:あさ - 2006/01/11(Wed) 15:29 No.503    引用する 

aka.gif seasons_PaPa さん ありがとうございます。助かりました。

質問します 投稿者:T-Mac - 2005/12/16(Fri) 01:41 No.467    引用する 
aka.gif 2剤処理をする時、過酸化水素を付けて、5分後にブロム酸を付ける…というやり方はどうですか?何となく両方の酸化剤のイイトコ取りができるようで、やっていたのですが…。逆に両方のリスクも負ってしまうような気がしてきてるのです。またもやつまらなくどうしようもない者の質問ですが、何卒教えて下さい。

RE:質問します 投稿者:banao - 2005/12/17(Sat) 10:09 No.469    引用する 

aka.gif ヤッホー!!2剤については、 papaさんの酸化について読めば良いと思いますが、過酸化の酸化率は、70% ブロムは、50%がいいとこでしょう(ビーカー)実験で、だから2剤は、世界的にみてもH2O2が主流です。ただH2O2は、アルカリ活性 ブロムは、酸性活性で働くので、化学的には、H2O2をやって、ブロムの順でやれば、良い酸化もできそうですが、パーマにおいて、100%酸化は、あり得ない事、どうしても、時間(空気酸化)が解決してくれるもので、むしろ、しっかり2剤をつけるテクニックとすすいだあとの、中和処理の工夫をしたほうが髪には、良いと思います。答えになったかなぁ〜?

RE:質問します 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/17(Sat) 21:06 No.470    引用する 

aka.gif きちんとした目的があっての選択であれば問題ないでしょう。σ(^^ )もシチュエーションによっては過去にこの手を使ったことがありますが。
酸化力が強ければ完全酸化できるわけではないし、システイン酸の生成問題も考えるとどうかなぁ〜〜ってかんじですが!
個人的に臭素酸塩は滅多に使わないし、使いたくないのが本音!これ以上の脳みそ機能低下は避けたいし!?

おめでとうございます 投稿者:Sohji - 2006/01/04(Wed) 17:05 No.490    引用する 

aka.gif 新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ずっとROMはしているのですが、書き込みは永らくご無沙汰しています。

臭素酸の話題なのですが、昨年暮れにアイロンを使った某縮毛矯正の講習がありました。内容は、軟化後ハーフドライでアイロン矯正したあと、2剤塗布の際に「伸びが悪そうな所は2剤塗布後に低めの温度でアイロンを入れると良いですよ」と講師の方のコメントがありました。その時ここの掲示板の「脳みそ機能低下」の記事を思い出しまして書き込みしました。
2剤が付いた髪にアイロンを入れると、シュワーっと水蒸気が出るわけですが、これって臭素ガスを含みますよね。吸い続けているとほんとに脳障害を起こすような気がするのですが、どんなものでしょうか?

RE:質問します 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/06(Fri) 22:46 No.495   HomePage  引用する 

aka.gif ご無沙汰してます。こちらこそよろしくお願いします。

2剤が付いた髪にアイロンを入れるのはやめた方がイイですよ。臭素酸塩2剤の毒性が分かっている人なら絶対にそんなことは薦めないでしょう。banaoくんが聞いたら激怒しそうですね!

σ(^^ )は2剤は長いことH2O2しか使ってないので、最近物忘れが激しいのは臭素のせいではなく年齢のせいかも!

RE:質問します 投稿者:banao - 2006/01/08(Sun) 10:29 No.496    引用する 

aka.gif  確かに危険!!昔、ブロムにアイロンを入れると、しっとりして、いい重みがでて、まとまりが良くなるのも確かですが、1週間やり続けると
身体がだるくなりますから、やめたほうがいいですよ!(経験者談)
さらに、酒を飲んで、ブリーチ剤を吸引すると過呼吸になり、倒れますので要注意。これは、僕の友達が信用しないで、試して、救急車騒ぎをおこしました。やっぱり説明書をよく読んで使用した方が良いですね。 
 PS・・年末PCが壊れたと思っていたら、大掃除の際、ルーターがは     ずれていただけでした。遅れながら、今年も宜しくお願いします。

RE:質問します 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/09(Mon) 21:19 No.500    引用する 

aka.gif 理・美容室では原液の状態では『劇物・毒物』に分類される薬剤を扱っているという認識を持ってないと事故につながる可能性があることを常に頭の隅に置いておくことが大切ですね。

そういえば昔、粉末のブロム酸があったけど今は手にはいるのでしょうか?ちょっと欲しい気がする・・・・


※LAN関係のトラブルで一番多いのがケーブル抜け・ケーブル不良。昨日まで繋がっていたのに今日は繋がらないというときは、大体このパターン。ウチでも最近。古いクロスケーブルがダメになってた。

RE:質問します 投稿者:Sohji - 2006/01/11(Wed) 09:07 No.502    引用する 

aka.gif papaさん、banaoさんいつもありがとうございます。
やっぱり2剤時のアイロンはまずいですよね。
もちろん危ないことはする気もないし、講師の方にツッコミを入れることもしませんでしたが、薬剤の危険性など全然知らないで怪しい作業をしている美容室というのは全国にたくさんあるのでしょうね。
メーカーもディーラーの良いことしか言わないし、売れれば勝ちみたいな感じですものね。

やっぱり、最低限はきちんと勉強しないといけないなあと思ってます。皆さんこれからもよろしくお願いします。

ビビリ毛でくまったくまった・・・ 投稿者: - 2006/01/08(Sun) 22:20 No.497    引用する 
aka.gif こんばんは、先日新規のお客様で全頭ビビリ毛の方がいらっしゃいました。
話を聞くと他店で縮毛矯正を行ったのですが、伸びていなかったのでもう一度お願いしたらこんな結果に・・・
さらにサイドの右と左を違う人が施術したみたいで、切毛の度合いが全然違うのです。
左サイドだけが極端に短くなってしまってました。
毛髪の状態はは乾くと硬く、針金のようにまっすぐで
毛先5センチからビビリ状態。
濡らすとテロテロのコシのない状態で
あまりに可哀想な状態。
しかも頭頂部は根元から折れてます。
皆さんならこんな状態の毛髪どうしますか?

RE:ビビリ毛でくまったくまった・... 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/09(Mon) 21:29 No.501    引用する 

aka.gif これは(/--)/

やって出来ないことはないけれど、どのみち薬剤耐性はゼロなので、せいぜい見た目に不都合がない程度にしかでき無さそうですね。他店施術のお客様を修正する場合、徹底的に説明しないと自分の所の責任にされる可能性もあるので、同意の上で行うことが前提になりますね。

そういえば、7〜8年程前に都内某有名美容室で某有名縮毛矯正をされた方がE to Eからフロント右半分が根本2mm残して全部切れてしまった方が泣きついてきたことがあったっけ・・・

教えてください。 投稿者: - 2005/12/17(Sat) 23:40 No.471    引用する 
aka.gif 始めまして。「あんだんて」さんのhpからこちらに飛んできました。皆さんの勉強の熱心さに頭が下がります。今後このサイトを使って勉強させて頂きます。
私も美容師ですが、現在パーマの2剤に臭素酸を使っております。過去に過酸化水素2パーセントを使用していたのですが、どうしてもロングの巻き込みの多いスタイルでは毛先の酸化がうまくできなくて断念していました。そこで皆さんはロングの巻き込みの多い髪に過酸化水素を使う場合はどのようにしていますか?過酸化水素濃度は1%ぐらいで放置時間を10分から15分にした方が良いのでしょうか?またその際の比重は添加物などで一液より重い方が良いのでしょうか?
自分の考えでは比重が重くなると浸透が悪くなりそうですが、比重が軽いと表面だけで終わりそうな気がするのですが・・・
いかがでしょう?

RE:教えてください。 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/18(Sun) 12:34 No.472    引用する 

aka.gif 全くその通りでしょう。

pH・アルカリ度によっては2%だと酸化脱色の可能性大!シスチンの酸化切断の可能性も!

H2O2は酸化スピードが速く比重が軽いので毛先に届かないことが多いわけで、毛先に届くようにするには
1,巻かれている毛に差し込むようにつける
2,ロッドオフした状態で毛先にもう一度つける
などの対処が必要でしょう。

浸透に関しては、比重が軽いと飽和含水状態での浸透が難しいのは確か。低濃度2度付けしてある程度の放置タイムは必要かと!ホントはそういう風に出来上がった2剤が使えればベストだけれど。

後は中和することも忘れないように!pH試験紙でのテストを薦めます。チオ試験紙が販売中止になったのは非常に残念!コレもあれば酸化度合いが目で見て確認できるし!


そういえばブログ作ってからは、おおむね毎日自分のサイトを見るようになったなぁ・・・<ワシ

ありがとうございます。 投稿者: - 2005/12/19(Mon) 18:02 No.476    引用する 

aka.gif 丁寧なアドバイスありがとうございます。
さっそく2液を過酸化水素に変更しようと思います。
濃度は1%以下で試してみます。
比重も重めでトライしてみます、比重を上げるにはトレハロースを使ってみようと思ってますが、これって有効でしょうか?また酸化水素はカラーの2剤を希釈して代用できますよね?重ね重ね質問ですみませんがよろしくお願いします。

RE:教えてください。 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/24(Sat) 11:46 No.482    引用する 

aka.gif トレハロースは魅力的な原料なのでテスト結果が良かったら是非知らせてくださいね。手間と安定性を考えると満足行くものを購入した方が早い気もしますが、カラー用オキシ使えばコストは大幅に下がるのは魅力でしょう。ヌースフィットの2剤は一度試してみるとイイですよ。
このあたりは、banaoくんの意見を聞いてみたいですね。

RE:教えてください。 投稿者: - 2006/01/06(Fri) 17:36 No.492    引用する 

aka.gif あけましておめでとうございます。
今年も質問などでお世話になる事もあると思いますが
よろしくお願いします。

さっそくですが、トレハロースですが、
今までは高級アルコール系の添加物の少ないシャンプーをパーマ前のクレンジングとして使用していました、
しかし洗い上がりのキシミ感が気になっていたのと、一部のお客様が頭皮に刺激を感じると言われ、
刺激緩和とキシミ緩和目的でトレハロースを20%混入した高級アルコール系をクレンジングとして使用してました。
キシミはかなり緩和され、一部のお客様の中のまたまた一部のお客様は刺激が緩和されたようだと言われました。
今まではトレハロースをこんな使い方してました。
実は今日、「あんだんて」さんからシャンプーを
送ってもらいました。
すごく期待できそうなのであんだんてシャンプーを使えば今までみたいな手間は要らなくなりますね。
また「ヌースフィット」さんからパーマ液も送ってもらう事になってます。

RE:教えてください。 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/06(Fri) 22:41 No.494   HomePage  引用する 

aka.gif こちらこそよろしくお願いします。

トレハロースの林原株式会社は、最近TVCMを流しているようですね!いろいろな意味で魅力的な素材なのでメジャーになるのは良いのですが、単なる『商売ネタ』にならないようにして欲しいですね。

あんだんてとヌースフィットは個人的によく知っている方が作っているのですが、贔屓目でなく本当によい製品だと思っています。ただ、その良さが誰にでも分かるものではないし、販売も難しいかもしれません。しかし、きちんと『説明』が出来る人が進めると魅力的な『商品』になります。

今年もよろしくお願いします 投稿者:seasons_PaPa - 2006/01/06(Fri) 22:33 No.493   HomePage  引用する 
aka.gif ここへ訪れてくれている皆さん、あけましておめでとうございます。

ナニやカニやと忙しいので、今年もサイトの更新・板への書き込みは少ないと思いますが、懲りずに今年もよろしくお願いします。

ありがとうございました! 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/31(Sat) 23:37 No.489    引用する 
aka.gif 今年もいよいよ終わりです。ソウサさん・CHACOさん・有田さん・banaoくん・他の皆様、今年も一年ありがとうざいました!来年も変わらず情報交換して頂くことを楽しみにしています。
皆さん、飲み過ぎ・食べ過ぎ・インフルエンザ等ご注意を!!

デハ、また来年もよろしくお願いいたします!

有難うございました。 投稿者: - 2005/12/31(Sat) 20:56 No.488   HomePage  引用する 
aka.gif 今年も色々有難うございました。
来る2006年も宜しくお願いいたします。

今年も有難うございました。 投稿者:あんだんて - 2005/12/31(Sat) 20:39 No.487   HomePage  引用する 
aka.gif 今年も有難うございました。
この掲示板の投稿へのpapaさん、ソウサさん、CHACOさん、banaoさんの回答は大変勉強になりました。
来年もまた、訪問させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

お世話になりました 投稿者:ソウサ - 2005/12/31(Sat) 20:24 No.486    引用する 
aka.gif papa、毎度のことながら今年も有難うございました。

2006年もよろしくお願いします。
しかし、年末は寒かったですね。インフルエンザには気をつけなければ!
それでは、良いお年を。


酸度の測り方 投稿者: - 2005/12/23(Fri) 21:52 No.481    引用する 
aka.gif またまた質問をさせてください。
パーマ液を販売しているメーカーにアルカリ度を聞くとちゃんと教えてくれるのに、中和剤の酸度を聞いても教えてくれません。とあるメーカーはPHを教えてくれました・・・酸度を測る方法ってあるんですか?
お願いします。

長文注意>携帯端末 投稿者:seasons_PaPa - 2005/12/24(Sat) 11:47 No.483    引用する 

aka.gif アルカリ度の分かっている1剤をビーカーに入れ、pH試験紙で中性になったときの量から逆算すれば大まかな酸度は出せるでしょう。ある程度正確に測りたいのなら、0.1規定塩酸とpHメーターを準備すると良いと思います。
ちなみに臭素酸2剤では酸化はできても「中和」はできないと言うことと、臭素酸は酸性活性であることを考えると、「中和直後に酸化」というが基本になります。


pHだけしか教えてくれないメーカーってのは信用できないですね。弱酸(または弱塩基)と強酸(または強塩基)の意味を理解していれば、一時的なpHの数値だけを当てにしてはいけないのは分かるはずです。σ(^^ )やソウサさんなどが1剤のアルカリに炭酸アンモンが使われている製品を敬遠するのはこのあたりに理由があります。

弱酸と強酸の極端な例ですが、Aという強酸とBという弱酸があったとして、10mlの水にAの分子を10個入れたとき10個の分子が全部電離して水素イオンが10個出るのが強酸。10mlの水にBの分子を10個入れたとき2個の分子しか電離しないで水素イオンが2個しか出ないのが弱酸だとします。それぞれに水10ml追加するとAの水溶液は相対的に水素イオンが減るのでpHは上がり(中性に近づく)ます。それに対し、Bの水溶液に同じく水を10ml追加すると、また2分子電離して水素イオンが合計4個になった場合、pHは変化しません。(→バッファー効果)
<理解している人にとっては↑の文は??な所もあるけど、分かりやすくしたつもりなのでツッコミは無しね(^_^)b>
コレをパーマに置き換えると、アルカリがアンモニアの場合、2剤塗布時にたとえ中和剤を作用させなくてもpHは下がり、炭酸アンモンの場合はpHが上がることもあるわけです。それに加えてアンモニアは揮発性があるので比較的残留が少ないとも言えるでしょう。かといってアンモニアが「良い」というわけではなく、できる限り低アルカリで作用させるのがより望ましいことなのですが。

ありがとうございます。 投稿者: - 2005/12/26(Mon) 18:05 No.484    引用する 

aka.gif 重ね重ねの質問に丁寧にお答え頂きありがとうございます。
PHしか教えてくれなかったメーカーは「酸度」自体分からないようでした。
長い沈黙の後、「PHは〜」と言いましたので・・・
今日banaoさんから直接連絡を頂きました。
メールで丁寧に教えてくれましたよ。
運よく少しご近所なので連絡を取ってみたいと思います。
弱酸と強酸のイメージは説明でつかむ事ができたと
思い込んでます。
あと、トレハは友人の飲食関係者から手に入れたので
結果報告を後日しますね。
ありがとうございました。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

- KENT - Modified by isso