[美容画像板] [通常表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
新着記事: 1:硝酸銀入りヘアクリ−ム(7)  2:無題(3)  3:コンテンツ削除(0)  4:当分閉鎖(0)  5:ご無沙汰しております(1)  6:どなたか相談に乗ってください。(2)  7:冷凍餃子(1)  8:今年も(1)  9:くせ毛直しブラシ(2)  10:エアウェーブ(3)  11:毛髪の捻転(2)  12:お願い(0)  13:レモンマートルの石鹸(2)  14:リペイド(3)  15:無題(3)  16:無題(6)  17:リコール(1)  18:エラスチン(2)  19:はじめまして(3)  20:縮毛矯正(1) 
[ 指定コメント(No.78)の関連スレッドを表示しています。 ]

中間水洗の有無 投稿者:天パろ - No.77    引用する 
aka.gif どうもはじめまして。生まれついてのウェービーな頭に悩める者です。
このサイトは大変参考になります。本当にお世話になっております!

さて、私は縮毛矯正やパーマをかけることがよくありますが、
どの店も中間水洗(プレーンリンス)はやっています。
よく洗い流さないと1剤が残ってしまうからということです。

しかし、このサイトのパーマのところには、1剤のあと、水洗でなく酸リンスでやらないと、髪の中の成分?が流出してしまうと書いてあります。

実際のところ、プレーンリンスで髪がダメージを受ける度合いってどのようなものなのでしょうか?
いくつか調べてみたのですが、どうしてもわかりませんでした。
なにとぞご教授を・・・
参考図書等ありましたら、それを紹介していただければなお幸いです。

よろしくおねがいしますー^^
中間水洗の有無 投稿者:天パろ - No.77    引用する 
aka.gif どうもはじめまして。生まれついてのウェービーな頭に悩める者です。
このサイトは大変参考になります。本当にお世話になっております!

さて、私は縮毛矯正やパーマをかけることがよくありますが、
どの店も中間水洗(プレーンリンス)はやっています。
よく洗い流さないと1剤が残ってしまうからということです。

しかし、このサイトのパーマのところには、1剤のあと、水洗でなく酸リンスでやらないと、髪の中の成分?が流出してしまうと書いてあります。

実際のところ、プレーンリンスで髪がダメージを受ける度合いってどのようなものなのでしょうか?
いくつか調べてみたのですが、どうしてもわかりませんでした。
なにとぞご教授を・・・
参考図書等ありましたら、それを紹介していただければなお幸いです。

よろしくおねがいしますー^^

RE:中間水洗の有無 投稿者:seasons_PaPa - No.78    引用する 

aka.gif  中間水洗についてですが、通常のウェーブパーマの場合は、基本的には「する・しない」どちらでも良いのですが、パーマ1剤は吸熱反応なので、温湯で水洗することで未反応のチオグリコール酸が温度により再反応してしまい、髪に対して過剰作用になる危険性があります。つまり、テストカール時にちょうど良くても温度が上がることで、より強くかかってしまう場合があるわけです。
 また、ロッドに巻かれた髪の一番内側(毛先の部分)まですすぐことは物理的に不可能です。糸巻きにたくさん糸が巻かれている状態でシャワーをかけても、一番内側まで水分が届かないのと一緒です。それと、髪が飽和含水状態(これ以上水分を含めない)になると2剤の浸透も妨げられることにもなります。
 水洗による間充物質の流失については、2〜10%と言う実験データもあります。薬剤の強さやプロセスタイムによっても差が出ますが、おおむね3%程度のタンパク質ないしアミノ酸が失われると考えてもらうと良いでしょう。
 ストレート系の場合は、薬剤に粘性があるので、中間水洗が基本になります。きちんとしたサロンなら流失分のPPTの補充はしているはずなので、大きな問題にはなりません。もちろんロッドに巻かれていないからこそそういった処理もできるわけです。
 薬剤処理をすることは、程度の差はあるにしても必ずダメージはあるわけですが、結果さえ良ければ多少のダメージには目をつぶって、ホームケアをきちんとすることが大切でしょう!毛髪強度が僅かに低下したとしても、見た目と手触り・手入れのしやすさが良ければ「ヨシ」と考えてもらえるとありがたいです。
 図書に関しては、一般の方向けのものでは詳しいものがないのですが、どうしても見てみたいときは「毛髪大全科」あたりで十分だと思います。

RE:中間水洗の有無 投稿者:seasons_PaPa - No.78    引用する 

aka.gif  中間水洗についてですが、通常のウェーブパーマの場合は、基本的には「する・しない」どちらでも良いのですが、パーマ1剤は吸熱反応なので、温湯で水洗することで未反応のチオグリコール酸が温度により再反応してしまい、髪に対して過剰作用になる危険性があります。つまり、テストカール時にちょうど良くても温度が上がることで、より強くかかってしまう場合があるわけです。
 また、ロッドに巻かれた髪の一番内側(毛先の部分)まですすぐことは物理的に不可能です。糸巻きにたくさん糸が巻かれている状態でシャワーをかけても、一番内側まで水分が届かないのと一緒です。それと、髪が飽和含水状態(これ以上水分を含めない)になると2剤の浸透も妨げられることにもなります。
 水洗による間充物質の流失については、2〜10%と言う実験データもあります。薬剤の強さやプロセスタイムによっても差が出ますが、おおむね3%程度のタンパク質ないしアミノ酸が失われると考えてもらうと良いでしょう。
 ストレート系の場合は、薬剤に粘性があるので、中間水洗が基本になります。きちんとしたサロンなら流失分のPPTの補充はしているはずなので、大きな問題にはなりません。もちろんロッドに巻かれていないからこそそういった処理もできるわけです。
 薬剤処理をすることは、程度の差はあるにしても必ずダメージはあるわけですが、結果さえ良ければ多少のダメージには目をつぶって、ホームケアをきちんとすることが大切でしょう!毛髪強度が僅かに低下したとしても、見た目と手触り・手入れのしやすさが良ければ「ヨシ」と考えてもらえるとありがたいです。
 図書に関しては、一般の方向けのものでは詳しいものがないのですが、どうしても見てみたいときは「毛髪大全科」あたりで十分だと思います。

RE:中間水洗の有無 投稿者:天パろ - No.79    引用する 

aka.gif おお、なるほど。
つまり温水ではロッドの奥のほうの髪の毛についた1剤はなかなか落とされないにも関わらず、
温度が上がることで還元反応がふたたびすすんでしまうかもしれないと・・・
そのうえ2剤も浸透しにくくなる、ということですね。
よくわかりました。ありがとうございます^^

それに、毛髪の成分の流出データを示していただけたのは感激です。
3%って結構大きな数字ですよね・・・ちょっと驚きました。

ケアについても教えていただいて、重ね重ね感謝いたします!

RE:中間水洗の有無 投稿者:天パろ - No.79    引用する 

aka.gif おお、なるほど。
つまり温水ではロッドの奥のほうの髪の毛についた1剤はなかなか落とされないにも関わらず、
温度が上がることで還元反応がふたたびすすんでしまうかもしれないと・・・
そのうえ2剤も浸透しにくくなる、ということですね。
よくわかりました。ありがとうございます^^

それに、毛髪の成分の流出データを示していただけたのは感激です。
3%って結構大きな数字ですよね・・・ちょっと驚きました。

ケアについても教えていただいて、重ね重ね感謝いたします!

やはりダメージヘアになりますね! 投稿者:ソウサ - No.80    引用する 

aka.gif ブラッシング、パーマ前はしないと思うけれど→脱脂力の強いシャンプーでゴシゴシ洗う→髪質別にセレクトしないバカチョンタイプ還元剤→中間水洗→酸化・中和不完全→アルカリに傾いてる髪にハイパワードライヤー!→美容室から帰る時はサラサラ〜でも数週間すればバサバサ・パサパサってな感じですか!これって髪の強度ダウンは果たしてどれ位ですか!PaPa・・

やはりダメージヘアになりますね! 投稿者:ソウサ - No.80    引用する 

aka.gif ブラッシング、パーマ前はしないと思うけれど→脱脂力の強いシャンプーでゴシゴシ洗う→髪質別にセレクトしないバカチョンタイプ還元剤→中間水洗→酸化・中和不完全→アルカリに傾いてる髪にハイパワードライヤー!→美容室から帰る時はサラサラ〜でも数週間すればバサバサ・パサパサってな感じですか!これって髪の強度ダウンは果たしてどれ位ですか!PaPa・・

まいどです! 投稿者:seasons_PaPa - No.81    引用する 

aka.gif  まさか今時、パーマ前にブラッシングをしているサロンはないでしょうが・・・(^o^)
 でも、こういう過程で施術しているサロンってまだ結構あるんでしょうね!最後にジメチコン大量配合のトリートメントをしてしまえば、一時的な「見せかけサラサラ・ツルツル」にするのは簡単ですからね!この行程レベルの実験をする勇気はないので、ダメージは予想ですが、切断強度で最低10%ダウン以上は行くんじゃないでしょうか?
 それよりも、化学反応終了(残留アルカリ消失と空気酸化)までの3〜7日間に、自宅でLAS系シャンプーで洗髪し、アルコール大量混合の仕上げ剤を付けてドライヤーをかけることの方が恐ろしいかも・・・。禿げちゃうかな(^^;

 パーマをかけることで、髪の手入れがやりやすくなるのが本来の姿だと思うのですが、理・美容師側が理論に疎くてそれができないので、一般の人たちのパーマ離れがすすんだとも言えるでしょうね。
 最近、2年制になってからの美容学校の物理・化学の教科書を借りて眺めてみたのですが、結構おもしろいですよ!簡単で解りやすいし!この2冊程度レベルでもしっかり頭に入っていれば営業レベルで困ることはないと思うんですが!

 そういえば、パーマ前のプレシャンプーってやってますか?昔、あちこちで臨店講習をしていたときにプレシャンプー時はリンス・トリートメントはやらないサロンが多くてビックリした覚えがあります。からんだ髪を無理に梳かすダメージを考えたら、簡単に梳かせる程度にリンス・トリートメントをした方が吉です。もちろん、強力な油分のものは避けた方がいいですが・・・。あんだんてさんの開発中のものは薬剤を阻害することが無さそうな感じですよ!

まいどです! 投稿者:seasons_PaPa - No.81    引用する 

aka.gif  まさか今時、パーマ前にブラッシングをしているサロンはないでしょうが・・・(^o^)
 でも、こういう過程で施術しているサロンってまだ結構あるんでしょうね!最後にジメチコン大量配合のトリートメントをしてしまえば、一時的な「見せかけサラサラ・ツルツル」にするのは簡単ですからね!この行程レベルの実験をする勇気はないので、ダメージは予想ですが、切断強度で最低10%ダウン以上は行くんじゃないでしょうか?
 それよりも、化学反応終了(残留アルカリ消失と空気酸化)までの3〜7日間に、自宅でLAS系シャンプーで洗髪し、アルコール大量混合の仕上げ剤を付けてドライヤーをかけることの方が恐ろしいかも・・・。禿げちゃうかな(^^;

 パーマをかけることで、髪の手入れがやりやすくなるのが本来の姿だと思うのですが、理・美容師側が理論に疎くてそれができないので、一般の人たちのパーマ離れがすすんだとも言えるでしょうね。
 最近、2年制になってからの美容学校の物理・化学の教科書を借りて眺めてみたのですが、結構おもしろいですよ!簡単で解りやすいし!この2冊程度レベルでもしっかり頭に入っていれば営業レベルで困ることはないと思うんですが!

 そういえば、パーマ前のプレシャンプーってやってますか?昔、あちこちで臨店講習をしていたときにプレシャンプー時はリンス・トリートメントはやらないサロンが多くてビックリした覚えがあります。からんだ髪を無理に梳かすダメージを考えたら、簡単に梳かせる程度にリンス・トリートメントをした方が吉です。もちろん、強力な油分のものは避けた方がいいですが・・・。あんだんてさんの開発中のものは薬剤を阻害することが無さそうな感じですよ!

まいど!おおきに 投稿者:ソウサ - No.82    引用する 

aka.gif あんだんてさんのおかげでプレシャンプーするようになりました。以前は頭皮ダメージを避けるためにしない方が良いかなと思ってましたが、やはり髪の状態をピュアにするほうが、薬液バランスが良いですもんね。モニタリングさせてもらってる「例のブツ」も安心ですし。今度、美容学校の物理・化学の教科書見てみます。非常勤で、美容学校で物理・化学を教えてる方の知り合いに聞くと、生徒の皆さん曝睡して困ってると!

まいど!おおきに 投稿者:ソウサ - No.82    引用する 

aka.gif あんだんてさんのおかげでプレシャンプーするようになりました。以前は頭皮ダメージを避けるためにしない方が良いかなと思ってましたが、やはり髪の状態をピュアにするほうが、薬液バランスが良いですもんね。モニタリングさせてもらってる「例のブツ」も安心ですし。今度、美容学校の物理・化学の教科書見てみます。非常勤で、美容学校で物理・化学を教えてる方の知り合いに聞くと、生徒の皆さん曝睡して困ってると!


- KENT - Modified by isso